- Life and Culture in Sweden -

道路清掃とパーキングルール

木曜日の朝はいつも、とてもスッキリ!!
何がスッキリかというと、近所の「道路」がです。

毎朝6時40分前後に家を出て、出勤すべく地下鉄へ歩いて行くのですが、
その道すがら、ある時ふと何かが違うと感じたのです。
 
「うーん、何が違うのだろう?」と、鈍い頭を回転させ、気づいたことが一つ、車がいない!!
ストックホルムは、駐車場所が少ないため(しかも高い)、道路は路上駐車の車で溢れています。
でも、木曜日の朝は、打って変ったようにほとんど車がなく、とてもスッキリしているのです。

なぜ?

Parking Rule

Parking Rule

この謎のひもを解くカギは、写真の道路標識にあります。
Torsd 0-6 」と書かれたオレンジに赤枠の標識、
これがとても重要な意味を持っていて、
つまり木曜日の0時から6時は、この道路に車を駐車してはいけない(駐車禁止)、というマークなのです。
 
なぜなら、毎週木曜日のこの時間は、道路の清掃時間となっているからです。
 
道路によって、清掃の曜日が変わってくるので、となりの道路は木曜日ではなく水曜日だったりします。
 
が、いずれにしてもそれを無視して止めていると、間違いなく駐車違反の切符を切られ、翌朝には黄色い紙が窓に貼られる事になるので、この日は他の場所を探すことになります。
 

Thursday Morning

Thursday Morning


 
ちなみに、木曜日の朝の道路はこんな感じ。
 
たまに、その日であることを忘れたのか、駐車違反の切符と共に道路に残っている車を見かけます・・・
そして、車もさることながら、清掃後の道路は、もちろんダブルでスッキリです!
 
やはりきれいな道路は良いですね。

No Comments Yet

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

five × four =