- Life and Culture in Sweden -

Lucia came to the company!

朝会社に行くと、1F入り口にテーブルが並べられ、なにやら準備をしている様子。
通りかかると、女性の方が、「本日はルシアなので、GlöggとLussekatterを振舞っています。
お酒は入っていないからどうぞ」、と。
 
おー、そういえば、そうでした!
ルシアは通常12月13日なのですが、日曜日なので金曜日にイベントを繰り越したようです。
ということで、もちろん頂きました。

Lucia day

Glöggはこの時期クリスマスにかけて飲むもので、赤ワインに何かスパイスを混ぜたような味です。
そこに、レーズンとナッツをいれて頂きます。
実は、結構甘いのです、たぶんお砂糖たっぷり入れているのでしょうね。
 
そして、Lussekatter、これは猫のしっぽという意味で、その形から名づけられたようです。
味は、サフランテイスト。
なぜか、クリスマスの時期になると、サフランベースの食べ物が多くなります。
(先日は、スーパーでサフラン味のアイスクリームの試食販売をやっていました)
 
昼休みには、音楽学校の生徒たちがルチアに扮してオフィスに歌いに来てくれました。
とてもきれいなハーモニーで、うっとり聞きほれ、幸せなひと時!

Lucia day

それにしても、最後、歌いながら去っていくのですが、その曲はなんと日本でもおなじみの「サンタ・ルチア」、イタリア民謡です。
あっという間の小コンサートでしたが、気持ちが洗われましたよ。
 
そして、午後のFIKAの時間にもサプライズが!
これも、ルシア(+他のお祝い)も兼ね、とても豪華なケーキが登場。
もちろん、プリンセスケーキもあります。

それにしても、オフィスにいたとはいえ、イベント満載の一日でした。
13日、日曜日は、ルシアの本番日、二度楽しめます!

 

No Comments Yet

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ten − 5 =