- Life and Culture in Sweden -

Skansbron(跳開橋)でボート通行待ち体験

土曜日の午前中、Årstaを湖沿いに散歩、そしてSödermalmに向かう途中、なんと道路が上に上がっている光景に出くわしました。両開きの跳ね橋です。
 

Skansbron

待っている間に下を覗くと、ボートが続々と橋の下を通ってやってきます。
 
週末は1時間に1度、ボートのために、橋(道路)をあげることになっているとのこと。
 
ボートの数にもよりますが、その間15分から30分近く、車や通行人はそこで待つことになります。

急いでいる人は、さぞかしイライラしているのだろうな~、と思いましたが、どうやら皆さんなれている様子。
 
そして、この橋のボート通行料はというと、海側から湖(Mälaren湖)に入る場合は無料、その逆、湖から海に出る場合は180SEK。

ボートがすべて橋を通ると、橋は元通りの道路に。
両側にローブにつかまりながら止まっていたボートは、ゲートが開くと湖に出発。
 
夏になると、ボートでのんびりセーリングするスウェーデンならではの光景でした!
 
Skansbron bridge – Wiki
Ports of stockholm – HP

No Comments Yet

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

nineteen − fifteen =