- Life and Culture in Sweden -

スウェーデンのカントリーサイド (動物編)

文化編に続き、本日はカントリーサイドで出会った動物たちをご紹介。
 
特に珍しい動物に出会ったわけではないのですが、とっても愛らしく和みました。
まずは、鹿、そして、雨上がりだったこともあり、ちょっと大きめのカタツムリ発見。

そして散歩途中に、道の真ん中で立ち止まっている兎。
こちらの様子を伺うと、颯爽と反対側へ駆け抜けて行きました。

山羊たちを見たときは、思わず「やぎさんゆうびん」の歌
♪ 白ヤギさんからお手紙着いた
♪ 黒ヤギさんたら読まずに食べた・・・、を、口ずさんでしまいました。
 
それにしても、ここの山羊は、白と黒のミックスです。

Lövstabrukでは、目がとても可愛いく、そして凛々しい馬、レースホース(競馬用)に会いました。
この犬たちは、前回の文化編、フォークコンサートの聴衆で、おとなしく音楽を聞き入っていましたよ!

最後は牛たち。
草村の中で、とってもリラックスしている様子。
 
一番右の写真に写っている子牛は生まれて3か月。
飼い主の女性が、インターネットで牛のお産について調べている間に、無事産れた模様。
よかった!

なかなかムース (Moose) に会えませんが、気長に待つことにします!
素敵な出会いを有難う!
 
Photo gallery:

No Comments Yet

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

twenty − 13 =