- Life and Culture in Sweden -

Valborg – 春の祭典

「ようこそ、春よ!」

4月30日は、Valborg(ヴァルボォリ)というお祭りの日。
これは、長かった冬にようやく別れを告げ、春の訪れを祝うものです。

ちなみに、翌日5月1日はメーデー、ヨーロッパでは、本来夏の訪れを祝うものですが、スウェーデンではまだ春を祝う段階、1シーズン遅れていますが、そこはご愛嬌。
なにしろ、今朝の気温は2度、まだまだ肌寒い日が続いています。
 
さて、”祭り”といっても、日本と違い、掛け声にあわせてお神輿をひくという姿は見られません。が、掛け声の代わりに「春の歌」が男声合唱によって歌われるのが恒例のようです。
 
そしてもう一つ、欠かせないものは「焚き木」です。
公式にStockholms Stadにより予定されているものが、ストックホルム市内だけでも、40か所ほどあります。

stockholm_valborg

そこで、私も最寄りのに場所(Långholmen)に行ってきました!
20時すぎに到着、すでにかなりの人。
風向きによって炎が近づいてきたり、遠ざかってきたり・・・
炎の近くにいると、暖かく、なんだかほっとする一時でした。
(そうそう少し違いますが、日本のどんど焼きを思い出しました。)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Valborg at Långholmen on April 30, 2015

また、この夜は、日本のお花見のように、各公園で宴会(特に学生、若者により)が催されるようです。
が、この日はまだ肌寒かったせいか、近所の公園ではそれほど人がいなかったような・・・
 
明日の天気予報は雨ですが、どうか春が来ますように!
 
Reference :
正式名称はValborgsmässoaftonで、「ヴァルプルギスの夜」
ヴァルプルギスの夜 – wiki
 

No Comments Yet

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

5 × 4 =